書類がそろっていないと車の査定はマイナスになります

車の査定がマイナスになる要因にはさまざまなものがあります。

年式のわりにたくさんの走行距離を走っていたり、ボディに大きなへこみや傷などがある場合にマイナス査定になるというのは、誰もが知っていることだと思います。

しかし、書類がそろっていないと査定がマイナスになるということを知っている人は、意外に少ないかも知れません。

いったいどんな書類がそろっていないと査定に影響するのでしょうか?

それは、「取扱い説明書」「整備手帳」「保証書」の3種類です。

ほとんどのクルマでは、ダッシュボードの中に保管されていると思います。

しかし、何らかの理由でこれらの書類のいずれかを紛失してしまったりすると、マイナス査定となってしまうのです。

取扱い説明書は、車を購入したばかりのときに、家に持ち帰って読んだりすることもあると思いますが、うっかりダッシュボードに戻しておくのを忘れてしまうと、行方不明になってしまう可能性が高いといえます。

この取扱い説明書がないだけで、査定額が5,000円ほどマイナスになるようなので、もし家に持ち帰って読むようなことがあっても、必ずもとに戻しておく習慣をつけるようにしましょう。

3つの書類の中でも、「整備手帳」というのは重要です。

整備手帳には、そのクルマが過去にどのようなメンテナンスを受けてきたのかが記録されていますから、ある意味ではその車の履歴書ともいえるわけです。

この整備手帳には、点検時の走行距離なども記載されていますので、不正なメーターの改ざんなどがあってもすぐに気がつくことができます。

この整備手帳がないと、過去に何か不正を行った車ではないかと疑われることになり、査定の際にマイナス評価をされてしまうわけです。

「保証書」は、その車に何か故障があったときにメーカーが無償で修理をしてくれるものなので、まだメーカー保証が残っている車にとっては重要な書類ということになりますし、紛失してしまうと査定はマイナスとなります。

ただし、メーカー保証は最大でも5年、あるいは走行距離が10万kmまでとなっていますので、それを超えてしまっている場合には保証書があっても意味はありませんので、紛失をしてしまっても査定には影響がないといえます。

車の買取り保証というのはどういったサービスでしょうか?

どんなオンボロ車でも必ず買取るという業者が存在します。

俗に「買取り保証付きの業者」などと呼ばれたりしますが、どんなオンボロ車でも買い取ることができるという点を最大の売りにしています。

単純にオンボロ車といっても、どんなクルマかイメージできないかと思いますが、ボディがサビてしまって、穴が空いてしまったり、エンジンがかからなくなってしまったような車でも買取りの対象になるようです。

いったい、なぜそのようなことが可能なのでしょうか?

最近では、海外への輸出ルートがあるために、走行距離がのびていたり年式の古い車であっても買取りをしてくれる店が多くなってきました。

しかし、この場合であっても、基本的にはしっかりとエンジンがかかって、走ることができるというのが前提になります。

動かない車を買取りして、それでそうやって利益を上げるのでしょうか?

実は、最近の鉄スクラップの相場が、ある程度の高値で推移していることが、買取り保証というサービスを成立させているのです。

つまり、動かないクルマは、解体をしてスクラップ業者に売却をすることで、十分に利益が出るのです。

現在の鉄スクラップの相場は、1tあたり15,000円~2,0,000円程度で落ち着いています。

そのため、国産車を一台鉄スクラップとして処分した場合、20,000円~40,000円程度になる可能性があるのです。

また、買取り保証によって5,000円程度で引き取った車であっても、それをスクラップ業者に流すことによって十分に利益が出るわけです。

車を売る方にしても、自分で廃車の手続きをする手間暇がはぶけるうえに、たとえ5,000円であっても、動かない車を処分して現金を手にすることができるのであれば、十分だと考える人も多いはずです。

かつて、鉄スクラップの値段が1tあたり2,500円程度まで暴落したことがあります。

そこまで鉄スクラップが下がってしまうと、廃車にするための手間や費用が出ないために、車を不法投棄する人がたくさんいました。

最近、不法投棄をされた車をめっきり見かけなくなった背景には、そういった鉄スクラップの高騰により、どんなオンボロ車でも買取りをしてくれる業者があらわれたからなのです。