ディーラーの営業マンがあえて買取り店を勧めてくる理由

車を売却するときには、買取り専門店に持ち込むかディーラーに下取りしてもらうかのどちらかを選択することになります。

一般的には、ディーラーに下取りに出すよりも、買取り専門店に持ち込んだ方が高く売れることが多いといわれています。

そういった意味では、ディーラーと買取り専門店はライバルということが言えるわけです。

しかし、本来ライバルであるはずのディーラーが、あえて買取り専門店に持ち込むことを勧めてくる場合があるのです。

常識的に考えれば、ライバルの業者に仕事を譲るというのは考えにくいことなのですが、ディーラーと買取り専門店では、根本的に異なる点が1つあります。

それは、ディーラーのメインの仕事は車を高く下取りをすることではなく、あくまで新車を販売するということです。

買取り専門店が、お客様からクルマを売ってもらうことに特化しているのとは、この点が大きく異なります。

そのため、ディーラーにしてみれば、自分のところで新車さえ買ってくれれば、いままで乗っていた車をあえて下取りに出してもらう必要はないわけです。

しかし、そういった背景があることを理解しない人が、買取り専門店に出してもらった査定額をもとに、ディーラーに同じような金額で下取りをすることを要求したりします。

ディーラーにしてみれば、あえて下取り価格で買取り専門店と競争して、新車を売ることで得られる利益を少なくしてしまうことは馬鹿らしいことです。

そのため、あえて自社の下取り額をあげることはせずに、その車を買取り専門店に持っていくことを勧めるわけです。

たとえば、乗り出し価格が320万円のクルマを買おうとしているお客様の自己資金が200万円だったとします。

さらにディーラーで出した下取り車の査定額が、どんなに頑張っても100万円だったとします。

この場合、お客様の自己資金と下取り車の売却額を合わせた金額は300万円となります。

新車の乗り出し価格は320万円ですから、どうしても20万円足りないことになります。

そこで、ディーラーの営業マンは「○○という買取り店に持ち込むと120万円くらいにはなるかと思いますので、そちらで査定してもらってはどうですか?」などとライバルの買取り店での査定を勧めるわけです。

こうすることで、ディーラーにしてみれば下取り車は手に入れることは出来ませんが、新車を売るという本来の目的は達することができるわけです。

参考:http://biomethod.jp/?p=95