車のモデルチェンジのタイミングと買取り価格の変化

車にはモデルチェンジというものがあります。

旧型のモデルから新しいモデルに切り替わるタイミングを、一般にモデルチェンジと呼んでいるわけです。

このモデルチェンジには2種類あって、それぞれマイナーチェンジとフルモデルチェンジと呼ばれています。

新型のクルマが発売されると、およそ2年~3年後にマイナーチェンジが行われ、4年~7年程度でフルモデルチェンジが行われます。

マイナーチェンジでは、フロントグリルやバンパー周りなどの軽微な変更が行われるだけで、基本的にはそれまでのモデルとほぼ同じといえます。

ところが、フルモデルチェンジとなりますと旧モデルに対してまったく新設計の新しい車に変身をすることになります。

車を売却するときには、モデルチェンジのタイミングに注意をしなければならないと一般的に言われますが、それはこのフルモデルチェンジのタイミングのことをいいます。

マイナーチェンジの場合には、中古車の相場にほとんど影響はありませんので、それほど気にする必要はないといえるでしょう。

ところが、フルモデルチェンジが行われると、旧型の中古車相場は一気にダウンすることが多いようです。

なぜなら、新しいモデルを購入するユーザーが、それまで乗っていた旧モデルを下取りに出すことが多いからです。

新型の登場と同時に、旧モデルの中古車が市場に大量に流れてくるわけですから、当然ながら値崩れが起きます。

物の相場というのは、需要と供給の関係で決まりますので、旧モデルの供給が多くなることによって相場は下落するわけです。

自分がいま乗っている車を少しでも高く売ろうと考えているのであれば、フルモデルチェンジが行われる半年前くらいまでに売却をするのが無難といえるでしょう。

しかし、例外もあります。

ごくまれに、フルモデルチェンジが行われたあとに、その車種の中古車相場が上がることがあるのです。

それはどういう時かといいますと、新型の評判があまり良くないときです。

旧型が大ヒットしたような車の場合には、フルモデルチェンジというのは非常に難しく、新型になったとたんに人気が落ちて売れなくなってしまうこともあるのです。

そういった場合には、新型を購入する人が少ないために、旧型の下取り車が市場にあふれるということもありませんので、値崩れは起きないわけです。

そして、新車では手に入れることができなくなってしまった旧型の、少しでも程度のいい中古車を買い求めようとする人が増えるために、相場が上がってしまうことがあるのです。