中古車を試乗させてもらうのは意外に難しい?

新車と違って、中古車というのは1台1台コンディションが違います。

そのため、購入前にはぜひ1度試乗してみたいと誰もが思うことでしょう。

しかし、中古車を試乗させてもらうというのは、思ったよりも難しいのです。

理由としてはいくつかありますが、その一つに車検切れの問題があります。

中古車の展示場に置かれている車のなかには、車検が切れてしまっているものも少なくありません。

車を売りに来る人は、車検が切れるギリギリのタイミングで買取り店に持ち込むことが多いので、展示場にならべたときには車検が切れてしまっていることが多いのです。

そういった車の場合には、買い手が決まると同時に車検を取得して納車することになりますから、展示している間はずっと車検が切れたままということになります。

日本の法律では、車検の切れたクルマを公道上で走らせることはできません

また、車検が切れてしまっているということは、自賠責保険も切れてしまっているということになります。

そんな車を試乗させて、万が一事故でも起こされたら大変なことになってしまいます。

では、車検が残っていれば試乗をさせてくれるのかというと、必ずしもそうとばかりは限りません。

なぜなら、展示されている車の状態が必ずしもベストな状態とは限らないからです。

中古車販売店では、買い手がついた段階できちんと整備をして納車することになりますので、展示している状態のクルマを整備せずに走らせるというのは、出来ればやりたくないというのが本音です。

そもそも長期間展示してあった車の場合には、バッテリーが上がってしまっている可能性が大です。

よほど親切なお店でもない限り、わざわざバッテリーを充電してまでは、試乗をさせてくれることはないでしょう。

仮にバッテリーが残っていて、エンジンをかけることができたとしても、中古車の展示場というのは狭く、公道への出口まで車を移動するだけでも大変です。

中古車販売店を訪れるお客様のなかには、あまり買う気がないのに試乗だけしたいといった半分冷やかしの人も少なくないので、よほど買う気がある人でなければ、試乗をさせてもらうのは難しいと考えておいた方がいいでしょう。