ディーラーで販売されている中古車は安くて質が高い?

ディーラーは、基本的に新車を売るためのお店ですから、中古車の下取りや販売はメインの事業ではありません。

しかし、最近ではディーラー系列の中古車販売店をよく見かけるようになりました

これまで、ディーラーで下取りされた車の多くは、オートオークションに持ち込まれるのが一般的でした。

自社で販売する手段がなければ、オートオークション経由でその車を販売してくれる業者に落札をしてもらう以外に、下取り車を処分する方法がないからです。

しかし、最近では新車だけではなく、中古車販売のうまみに目を付けた多くのディーラーが、自社系列の店舗を作って直接中古車を販売するようになってきたのです。

下取り車を自分の店で直接お客様に販売をすることができれば、オートオークションに出すのにくらべて中間マージンをカットできるため、利幅を大きく取れることになります。

しかも、下取り車として自分の店に持ち込まれた車ですから、基本的には素性のはっきりとした車ということになります。

オートオークション経由で落札した車の場合には、これまでどのような人が使っていた車なのかがはっきりしません。

しかし、下取り車であれば、自分の店で新車を購入してくれたお客様が乗っていた車ですから、これまで誰が乗っていた車かは一目瞭然なわけです。

しかも、下取りに出される車というのは、新車で購入した同じオーナーがずっと乗り続けてきたワンオーナーカーである確率が非常に高くなります。

中古車市場においては、ワンオーナーカーというのは質の高い車として高く評価される傾向があります。

これまで何人もの人に乗り継がれてきた車にくらべて、1人のオーナーがずっと乗り続けてきた中古車の方が、購入する人にとっては安心感があるからです。

このように、ディーラー系列の中古車販売店で売られている車というのは、質の高い車が多く、しかもオートオークションを経由していないことで、値段的にも手ごろであることが多いのです。

ディーラーで中古車を買うというと違和感をおぼえる人もいるかも知れませんが、実は一般の中古車専門店で購入するよりもお得な車を見つけることのできる可能性が高いといってもいいでしょう。