書類がそろっていないと車の査定はマイナスになります

車の査定がマイナスになる要因にはさまざまなものがあります。

年式のわりにたくさんの走行距離を走っていたり、ボディに大きなへこみや傷などがある場合にマイナス査定になるというのは、誰もが知っていることだと思います。

しかし、書類がそろっていないと査定がマイナスになるということを知っている人は、意外に少ないかも知れません。

いったいどんな書類がそろっていないと査定に影響するのでしょうか?

それは、「取扱い説明書」「整備手帳」「保証書」の3種類です。

ほとんどのクルマでは、ダッシュボードの中に保管されていると思います。

しかし、何らかの理由でこれらの書類のいずれかを紛失してしまったりすると、マイナス査定となってしまうのです。

取扱い説明書は、車を購入したばかりのときに、家に持ち帰って読んだりすることもあると思いますが、うっかりダッシュボードに戻しておくのを忘れてしまうと、行方不明になってしまう可能性が高いといえます。

この取扱い説明書がないだけで、査定額が5,000円ほどマイナスになるようなので、もし家に持ち帰って読むようなことがあっても、必ずもとに戻しておく習慣をつけるようにしましょう。

3つの書類の中でも、「整備手帳」というのは重要です。

整備手帳には、そのクルマが過去にどのようなメンテナンスを受けてきたのかが記録されていますから、ある意味ではその車の履歴書ともいえるわけです。

この整備手帳には、点検時の走行距離なども記載されていますので、不正なメーターの改ざんなどがあってもすぐに気がつくことができます。

この整備手帳がないと、過去に何か不正を行った車ではないかと疑われることになり、査定の際にマイナス評価をされてしまうわけです。

「保証書」は、その車に何か故障があったときにメーカーが無償で修理をしてくれるものなので、まだメーカー保証が残っている車にとっては重要な書類ということになりますし、紛失してしまうと査定はマイナスとなります。

ただし、メーカー保証は最大でも5年、あるいは走行距離が10万kmまでとなっていますので、それを超えてしまっている場合には保証書があっても意味はありませんので、紛失をしてしまっても査定には影響がないといえます。